個人輸入について情報

個人輸入とははっきりとした定義はありませんが、普通は「外国の製品を個人で使うことを目指して、海外の販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」といわれています。
個人輸入の形態としては、下記の二つの形態があります。どちらも便利です。
一:輸入者が買いたい商品を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに発注して、そこから直接購入する方法
二:輸入代行業者に発注して、その代行業者を通じて輸入する方法
個人輸入の方法について、以前FAXが必需品でしたが、今はE-mailで受注するショップが大部分です。欲しいもの、数量、住所、名前、電話番号などの情報を記入して、発注します。
注文したら、送金はどうなっていますか。コンビニ、銀行振込またはPay-easyにてお支払いが可能です。
販売会社は入金してから、商品を発送します。国際郵便とか国際宅配便とかまたは船便、航空便を利用します。これでうまくすると1週間ぐらいで荷物が日本に届きます。
とても便利でしょう。このメリットをまとめると、三つがあります。一番目は正規輸入品よりも安く入手できることです。二番目は自宅や職場まで直接届くことです。三番目は国内にはない特殊なものが入手できることです。ですから個人輸入が人気になって、個人輸入を利用する人が増えていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です